Dynalist日報を作ろう

日記を付けていますか? 今回はDynalistで日記を書く方法をお伝えしたいと思います。

日記を書くことが大事だとわかっていても、なかなか続かないものです。いい感じの日記アプリなどもいろいろありますが、次第にアプリを開くことも忘れて、のうのうと生きていることに気がついたりします。

僕はDynalistで日報を付けるようになってから、すっかり毎日の習慣になっています。パソコンをお持ちの方には、Dynalistで日報を書くことをおすすめしたいです。

「日記」ではなく、「日報」という言い方をしているのは、その日の出来事や気持ちだけでなく、いろいろな項目をDynalistで記録しているからです。

なぜDynalistだと、日記・日報が習慣になるのか、今回、ちょっと長いけど、最後まで読めば、そのからくりがわかります。

Dynalistって?

まず、そもそもDynalistって何? という人に向けて解説します。すでにご存じの方は、この章を飛ばして次の章に進んでも大丈夫です。

もともとWorkFlowyを使っていた

クラウドアウトライナーWorkFlowy

Dynalistを知るにはWorkFlowyから入った方がいいのではないかと思うほど、とても近い関係にあります。

WorkFlowyからDynalistに乗り換えた人は星の数だけいると思いますが、僕もその一人です。

WorkFlowyは(Dynalistもですが)アカウントを作り、ログインすることで使える、アウトライナーのウェブサービスです。すごく簡単に言うと、箇条書きのリストを作ることができるサービスです。

https://workflowy.com/

WorkFlowy

階層を作ったり、マウスでドラッグして自由に順番を入れ替えて、並び替えたりできます。見ればなんとなくわかりますよね?

詳しい解説は他に譲るとして、とにかく、シンプルで、わかりやすく、使いやすい、優れたサービスだと言えます。

WorkFlowyの有料ユーザーだった

WorkFlowyは上記のように、箇条書きでリストを作ることができるわけですが、短いワードを並べるだけでなく、文章を書いて、それを伝えやすい順番に並び替えたり、見出しを付けたりできるので、文章を構成するのに便利であると気付きました。

それからはWorkFlowyをブログの下書きなど、原稿を書くためのツールとして使うようになりました。

クラウドウェブサービスなので、自分のパソコンに保存する必要がなく、変更すれば自動的に保存され、スマホ・タブレットからも同期データが使えて、ログインすれば別のパソコンからもすぐに使える。「データ管理」「保存」などの面倒なことを一切気にせず使えるというのも魅力でした。

すっかりWorkFlowyの虜になった僕は、ネットで得た情報をもとにWorkFlowy専用Firefoxを導入したり(興味があればググって下さい)、安いノートパソコン(ネットブック)を買ってWorkFlowy専用Firefox専用ノートにしたりして、WorkFlowyを使い倒していました。

しかしWorkFlowyの無料版には毎月の使用制限があり、使用制限を気にしながら使うのがイヤだったので、無制限に使える有料ユーザーになってまで使っていました。それだけ価値のある便利なサービスだったのです。

Dynalistとの出会い

2018年元日。僕には正月なんてありませんから、当然、元日からパソコンと向き合っていました。

その日がDynalistとの出会いでした。

Dynalistの画面。テーマをセピアにしています。
白い背景のデフォルトやダークテーマなども選べます。

衝撃でした。Dynalistは僕の使い込んできたWorkFlowyをまるごと飲み込んでしまったのです。

DynalistもWorkFlowyと同じ、クラウドアウトライナー。後発サービスのDynalistはWorkFlowyのいいところを踏襲しつつ、さらに発展させたような機能を提供していました。

物は試しとさっそく使い始め、どれどれと物色していると目に入るのが、WorkFlowyからのインポート機能。

Dynalistのユーザーメニュー的なところにあるImport from WorkFlowy……これは……?

やってみると、僕のWorkFlowyの内容が一瞬で全部Dynalistに取り込まれました。「わほ~~~う」という気分になりました。こうなると、もうDynalistへの乗り換えを迷う必要はありませんでした。

WorkFlowyとDynalistの違い

WorkFlowyとDynalist、違いはたくさんあるのですが、僕にとって重要なところを挙げてみます。

無料でも無制限

WorkFlowyには、毎月の使用制限があったのですが、Dynalistは無料版でも制限なしで使うことができます。

チェックボックスを表示できる

DynalistにはWorkFlowyにはない、チェックボックスを表示する機能があります。チェックボックスを表示しなくても「ctrl+enter」で完了扱いにできる機能はWorkFlowyにもあるのですが、チェックボックスを表示することで「これはやること(todo・タスク)なんだな」とわかりやすくなります。

サイドバー

サイドバーがあります。箇条書きのリストを作ることができるサービスだと言いましたが、Dynalistはここにリストのリストが表示されます。

サイドバーの様子

WorkFlowyは一つのリストに全てをまとめるというコンセプトがあります。バラバラにならず、全てのことが一つにつながるようになっています。だから、リストは一つしかありません。

一方、Dynalistは複数のリストを作ることができ、使うリストをサイドバーから選ぶことができます。

木で例えるとわかりやすいです。WorkFlowyは一本の木をどんどん枝分かれさせて成長させていく。Dynalistも同じだけど、たくさんの木を植えて育てることができる、みたいなイメージでしょう。

基本的に、WorkFlowyでできることはDynalistでも大抵できます。Dynalistじゃないとできないことはあっても、WorkFlowyじゃないとできないことはそんなにありません。

DynalistはWorkFlowyの上位互換か?

じゃあ、Dynalistの方がいいってこと? DynalistはWorkFlowyの上位互換? と聞かれたら、僕はそう言っていいと思います。DynalistならWorkFlowyとほぼ同じ使い方ができるからです。

たくさんのバラバラに散らかったリストをDynalistで量産するより、全てが一つにつながった一本の木を大切に育てるWorkFlowyの方がいいという考えもあると思いますが、Dynalistでも一応その使い方はできます。それでありながら、無料で制限なしで使えるので、少なくともDynalistの方が安く使える分いいと思っています。

ちなみに僕はDynalistに乗り換え、WorkFlowyの有料版を解約したお金で、ATOKパスポートに加入しました。

Dynalistは、シンプルで無駄のないWorkFlowyに、あらゆる拡張機能を組み込んだような印象です。WorkFlowyが基本。それに強化パーツをいっぱいくっつけて強くしたのがDynalistというイメージ。だから、WorkFlowyの方がシンプルでわかりやすいとは思いますけどね……。

Dynalistは、具体的にどんなことに使えるか

『パソコンは、Dynalistを使うためにある』という格言を格言カレンダーにこっそり混ぜたいと思うほど、僕はDynalistをヘビーに使っています。

その経験を元に、Dynalistはどんなことに使うのに向いていそうか、紹介します。

頭の中を整理する

「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」みたいになって、頭が混乱しているときは、今気になっていることを全部書き出して、頭の中を整理するのが有効です。

書き出して一つ一つやることをやって潰していく。それが、アウトライナーの一番基本的な使い方なのでしょう。僕も、頭がゴチャゴチャしているときはやるようにしています。

リストアップする・リストを作る

番号付きのリストを作ることができるのも便利です。いくつあるかカウントしたり、ランキングを作ったりもできそうです。

好きな映画一覧とか、読んだことのある小説一覧とか、思いついたアイデアリストとか、チェックリストとか。

例えば、僕の場合、語彙力キャンプで学んだ言葉も、ここにリストアップして置いてあります。

執筆ツール、エディターとして

先ほども言いましたが、WorkFlowy時代からメインの執筆ツールとして、文章を書くのに使っています。Kindleの本の原稿の執筆にも使いました。

参考:サイドバー便利

本の執筆中、便利だと思ったのが、サイドバーです。

「書いておいたけど、今はまだ使わないな」みたいな文章は、いったんサイドバーにドラッグで移動させて……

Image from Gyazo
ハ行はまだ早かったかな? じゃあ、いったんサイドバーにおいといて……

ここで使おうというところで、サイドバーから戻すという使い方ができます。これはすごく便利です。

Image from Gyazo
よし、ここでハ行を持ってこよう!

小説だと、エピソードを書いてサイドバーに置いておいて、ストーリーの中でどこに挿入すると効果的か、みたいなのをやるとき便利だと思います。

日報・日記

そして、今回のメインテーマ、日記・日報として使う方法。このあとじっくり解説します。

なお、「パソコンはDynalistを使うためにある」と言えるほど、Dynalistはパソコンで使うと素晴らしいツールなのですが、スマホ版のDynalistはそれほどでもないです。スマホ版しか知らない人がもしいたら「Dynalistの実力はこんなものじゃないんだ!」と肩を揺さぶりたい気持ちになります。ですので、スマホしか持ってないという人はDynalistのためにパソコンを買ったらいいと思います。パソコンで使ってこそ、Dynalistの力を100%引き出せるのですから。

僕のDynalist日報の紹介と解説

さて、本題のDynalist日報の話に入ります。

とりあえず、僕がどんな感じでやっているか、見てもらいましょう。

縮小して表示してます、ちょっと見づらいかな?

こんな感じです。ご覧の通り、毎日の日付がずらっと並んでいます。

色で体調の記録をしている

日付の背景に色が付いているのがわかると思います。

色を付けることができるのも、WorkFlowyにはないDynalistの特徴の一つです。僕はこれを利用して毎日の調子を記録しています。

凡例

Dynalistでは以下の色から選んで文字の背景に色を付けられます。緑を飛ばして、左に行くほど好調の色ということにしました。

好不調を色で判別。パワプロみたいでちょっと楽しい気分になります。

ポモドーロ数をメモしている

各日付の横に「◯手」と書いてあります。これは何かというと、ポモドーロ数のメモです。

ポモドーロについてはこちらで解説しています。

僕とポモドーロ(第1回):ゆるポモドーロテクニックのすすめ

僕は将棋が好きなので、日常に将棋用語を取り入れており、1回ポモドーロを実施することを「一手指す」と呼んでいます。「13手」ということは13ポモドーロ実施したという意味です。

つまり、この数字が大きい日ほど、仕事をたくさんやって頑張った日ということになります。まあ、バイトに精を出していた日などは少なくなるし、一概には言えないんですけど……。

日付の下の階層

日付の下に折りたたまれているものを開いてみます。これがその日の分です。日付の下にある項目は、毎日、同じものをコピーして使っています。

「主な出来事」と「今日やること」に別れています。「主な出来事」が記録を残す部門、「今日やること」はその日使うチェックリストです。

まず、「今日やること」の中身を見てみましょう。

チェックリストを利用して、その日やることを管理

「朝メニュー」というチェックリストが出てきます。「朝メニュー」は、平たく言うと、朝のルーティンのことです。

朝メニュー

朝起きてから何をするか決めていますか?

僕は一日のうち、最低限忘れずにやっておきたいことをリスト化して、朝のうちにやってしまうことにしています。その一連のチェックリストのことを「朝メニュー」と呼んでいます。

朝起きたら、コーヒーを飲みながら、すぐにこの朝メニューに取りかかります。起きたばかりの寝ぼけた頭でも、何をしたらいいのかチェックリストがサポートしてくれるので、上から順に一つずつやっていけばいいのです。

URLを貼り付けておくと、リンクになって、すぐアクセスできます。

例えば、「メールチェック」とかは朝のうちにやってしまいます。Gメールの受信ボックスがすぐに開けるように、アドレスのリンクも貼っています。

「昨日の記録を記入」「昨日の調子・手数を記入」という項目があるのですが、これが日報の習慣を作るポイントになっています。これはつまり「前日の日報を仕上げる作業をしましょう」という意味です。

朝一番に、昨日のことを振り返って、「何してたっけ?」「調子はどうだったかな?」と思い返して記録する。日記を付けるのは、その日のうちではなく、翌日の朝にするのです。このやり方だったら、前日、日記を書き忘れて寝てしまっても問題ありません。

朝起きてからやることのリストに日記・日報を書くことを組み込んでしまう。これで、間違いなく習慣になります。

「朝メニュー」については、また別の機会に詳しく解説しようと思います。

その日やることを追加

「朝メニュー」以外にもその日やりたいことがあれば、チェックリストでどんどん追加していけます。やり残したことを翌日確認したりもできます。このあたりの手軽さはDynalistの素晴らしさです。

日記を書く

次に「主な出来事」の方です。開くとこうなっています。

いろいろ記録項目があります。この記録項目は必ずしも埋める必要はなく、記録できるものだけ記録します。例えば、「読んだ本」は本を読んだ日のみ記録するし、「体重」なら体重を量った日だけ記録します。

タグを利用して、いろいろな項目を管理

記録したものには、タイトルの頭にハッシュタグ(#)を付けます。そうするとタグリンクが出来上がります。

見た映像作品を記録して、頭にハッシュタグ(#)を付けてみました。
リンクに変わりました。

「#見た映像作品」のリンクをクリックしてみると……。

こんな感じで、その項目だけが抽出されて、これまでの記録を見ることができます。項目ごとに簡単に過去を振り返ることができて、とても便利です。

もちろん、項目は自由に作れるし、足したり減らしたりも自由です。個人的には、見た映像作品や読んだ本は、振り返って内容を思い出すことで、小説を書くときのアイデアが得られることがあるので、重宝します。

なお、「#」は後から付けていますが、はじめから全ての項目に「#」を付けておくと、その項目を記入しなかった日も拾ってしまうので、ちょっとうっとうしく感じます。何も書いていないのに、毎日タグだけが増えていくことになり邪魔です。記入した項目だけをタグ化する方が、あとで見るときスッキリ見えます。毎日記入すると決めている項目なら、はじめから「#」を付けておいてもいいと思います。

(このあたりの説明、もしわかりにくかったら、このあと最後まで読んで、とにかくやってみて下さい。やってみたらどういうことかわかると思うので……)

日記は「主な出来事」の下に箇条書きで自由に書く

「どんなことがあった」「どう思った」という、いわゆる普通の日記は、箇条書きで、下の階層に思いつくままに書いていきます。

こんな風に。個人的な日記なので、内容をお見せできる日があまりないんですけど、このあたりなら……

以上が僕の日報です。大体雰囲気は伝わりましたか……?

Dynalist日報スタートガイド

では、誰でも簡単に始められるように、簡単スタートガイドを書くことにします。基本的なやり方が分かれば、あとはいろいろ応用できるはずです。

日報の原本(コピー元)を作ろう

簡単な日報の作り方を紹介します。名前は好きにアレンジして下さい。

手順1:「日報」という項目を作る

+から新しいドキュメントを追加
「日報」とタイトルを付けます

手順2:「原本」を作る

「原本」と書きます

これが毎日コピーして使うための原本になります。

手順3:「記録」を作って、記録したい項目を作成

「原本」の下の階層に「記録」その下に記録したい項目をリストアップ

各項目の後ろに、半角スペースを空けてコロン「:」を打ち、その後ろに内容を書き込める雰囲気を作ります。

ちなみに半角スペースはshiftキーを押しながらスペースキーを押せば、日本語入力のままでも、切り替えずに入力することができます。

半角スペースを空けることで、頭にハッシュタグ(#)を付けたとき、それを一つのタグと認識してくれます。もし半角スペースがないと、「#」を付けても「#楽しかったこと:ゲーセンで遊んだこと」が一つのタグとして認識されてしまいます。全角スペースを空けた場合も「#楽しかったこと :ゲーセンで遊んだこと」というタグになってしまいます。半角スペースを空けることで「#楽しかったこと」というタグが作られるのです。

Image from Gyazo
半角スペースを入れることで、ちゃんと「楽しかったこと」タグになります。

ポイント:「#」は単語登録しておくと便利

ついでに言っておくと、「#」はIMEの辞書に単語登録しておくといいと思います。普通だと、shiftキーを押しながら「3」のキーを押すと「#」が出ると思うのですが、この時の指の動きの不自然さ……。スマートではありません。

僕は「tag」と打って変換すると「#」が表示されるようにしてます。こうした方がホームポジションから手を動かさずに済むため、速いのです。もし「tag」すら面倒なら 「tg」とか、 「t」だけで「#」が出てくるように登録してもいいと思います。Twitterとかでも使えるので、おすすめです。

手順4:「やること」を作って、一日のうちに必ずやりたいこと、チェックしたいことのリストを作る

次に「やること」リストを作ります。

「やること」と書き、メニューから「Add checkbox to children」を選びます。そうすると、下の階層にチェックボックスが表示されるようになります。

「昨日の記録を付ける」という項目を作ります。あとは、あなたが毎日やりたいことをどんどん挙げていってください。どの順番でやるかも好きに並び替えてみましょう。

朝のうちにやるべきことを終わらせてしまうと、スッキリして、気分もよくなります。

原本を毎朝コピーして、一日をスタート

まず、朝起きて、パソコンとDynalistを立ち上げたら、原本をコピーします。原本が二つになります。(パソコンだと、下の階層まで綺麗にコピーされるんですが、スマホとかだと、タイトルしかコピーされないんですよね。だからDynalistはパソコン向けだなと感じます)

Image from Gyazo
三みたいなのをクリックして選択。 Ctrl+c でコピー 。改行してからCtrl+v で次の行に貼り付けます。同じものが2つになりました。

その2つのうち、上の方を今日の日付に変更します。変更する時は「きょう」と打って年・月・日・曜日まで出せるようにしておくと便利です。僕はATOKでそう設定していますが、Google日本語入力とか、マイクロソフトのIMEでも、ある程度はできるようです(曜日までは難しいのかな?)。

あとはチェックリストを片付け、次の日からも同じように原本をコピーして、前日の記録項目を記入して……を繰り返せば、自然と日報がたまっていきます。そういう仕組みです。

変更したいところがあれば、原本をいじる

毎日やっていると、「明日からは、あれもやるようにしたい」とか「やることが多すぎて無理だから、削ろう」とか変更したいところも出てきます。

そうしたら、下にある原本を直接書き換えておきましょう。翌日から、変更された新しいテンプレートをコピーして使用できます。

常に原本が一番下にあるようにしておくと、コピーしてすぐ使えるので便利です。

まとめ

Dynalistは工夫次第で何でもできそうな優れたツールです。その分、何に使っていいかわからず、途方に暮れて、結局何にも使わずということになりがち。そこで、日報としての使い方を紹介してみました。

個人で日々の記録を付けるとき、Wordで作成したみたいなガチガチのフォーマット(テンプレート)の日報だと、作るのも変更するのも大変です。Dynalistだと自由に、フレキシブルに形を変えられます。サクッと手軽に変更できます。しかも、チェックリストが使えるから、チェックついでに記録ができる。だから、苦にならず、毎日続けられる。その感覚をぜひ知って欲しいと思いました。 やってみたくなったら、マネしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です