小説『スカイツリーに引っかかれ!』公開中

「お菓子を買うと死ぬ妖精」について

2021年の1年間、ひそかに実施していた企画があります。

それが「お菓子を買うと死ぬ妖精」です。

どこかの森で楽しく平和に暮らしているこんな感じの妖精さん。

「お菓子を買うと死ぬ妖精」イメージ

……ですが、僕がお菓子を買うと死にます。

お菓子を買うと……

僕がお菓子を買うと、バタフライエフェクトが起こって、最終的に毒蛇に噛まれて死にます。これは避けられません。

呼吸困難に陥り、白目をむき、鼻血を流し、喉をかきむしりながら、のたうち回って死ぬことになります。

なぜ、そんなことが起こるのか? きっと、悪い魔法使いの手によって、そういう呪いをかけられてしまったのでしょう。

「中井佑陽がお菓子を買ったら、お前は死ぬ! えいやー!」

ビユビユビユン!

そして、この呪いは1年間消えないのです。

僕がお菓子を買ったばかりに罪のない妖精さんが死んでしまう。これは、もうお菓子を買うことを是が非でも避けなければなりません。

お菓子を買う習慣をやめたかったから

なぜそんな企画をやっていたのかというと、お菓子を買うことをやめたかったからです。

お菓子はおいしいですが

  • 糖分が多くて健康的ではない
  • お金がかかる

といったデメリットがあります。

決して裕福ではない暮らし。健康にお金をかけるならいいのですが、健康を害し得ることにお金をかけるのは二重にマイナスが重なるので、僕としては避けたかったのです。

買わないことで出費が減り、買わなければ食べることもできないので、お菓子を食べる機会も減らすこともできるというわけです。

重要なポイントは、「お菓子を食べると」ではなく、「お菓子を買うと」妖精さんが死ぬという条件になっているところです。

つまり食べるのはオーケーなのです。なぜそうしたのかというと、「絶対食べない」というのは頭がかたくて、逆に不健康的だからです。

お菓子を食べるのを減らしたいは減らしたいのですが、絶対食べてはいけないほど身体に悪いものではないとも思っています。ゼロにする必要はないのです。

たまにバイト先でお菓子がもらえることがありますが、もらったお菓子なら食べてもいいのです。人がせっかくお土産に買ってきてくれたり、作ってくれたりしたお菓子も「妖精が死ぬから」と言って食べないとなると角が立つ怖れがあります。いただいたものはありがたく食べる方が、お互いいい気分で過ごせます。

普段、お菓子を買うことを禁止していると、なおさらもらったとき嬉しさを感じることができます。くれた人に心からありがとうと言えます。「そんなに喜んでくれるなんて」と相手も喜んでくれるでしょう。

「お菓子を買うと死ぬ」ということは、自分が食べない場合でも、お菓子を買うと妖精は死にます。気をつけないといけません。

誰かにあげる場合、お菓子以外を選んであげましょう。「定番のお菓子じゃなくて『茎わかめ』なんて変わってるね、でもすごくセンスがいいと思うよ。ありがとう」といった具合に、相手に特別な印象を残すことができます。

対象となるお菓子

さて、「お菓子を買っちゃダメ」って言われても、「お菓子」ってどこからどこまでがお菓子? という疑問が当然湧いてきます。

そのあたり、なあなあにならないために、企画のスタート時、ガイドラインを設けました。

買ってはいけないもの

買うと妖精が死ぬお菓子のイメージ

クッキー・ビスケット

甘くて、小麦をいっぱい使ってる系は特によくないです。妖精は間違いなく死にます。

ポテトチップス・スナック菓子

これも「ザ・お菓子」なので、妖精さんは死にます。

菓子パン

菓子パンは「菓子」と言っているのでお菓子です。買うと妖精は死にます。

せんべい

おせんべいもお菓子の一種とみなされます。甘くないおせんべいの場合、害は少ないです。買った場合、妖精さんはかなり苦しみますが、一命をとりとめるかもしれません。

アイスクリーム

アイスは「氷菓子」なので、お菓子です。買ったら妖精は死にます。

ケーキ

ケーキ類や、シュークリームなども「洋菓子」なのでお菓子です。買えば妖精は死にます。

買ってもいいもの

買っていいものイメージ

お菓子っぽいけど、購入していいことになっているものもあります。

フルグラ・大豆バー・プロテインバー・カロリーメイトなど

シリアル的なものなど、おやつというより、栄養補給食として機能するものは、お菓子っぽい形でもお菓子ではないので、購入して問題ありません。

高カカオチョコレート

カカオ80%くらいのチョコレートはポリフェノールが豊富なので健康食品であり、お菓子には入りません。豆料理です。妖精さんには無害です。

ミックスナッツ

主にミックスナッツを買いますが、ナッツ類は買ってもいいことになっています。ナッツは健康にいいからです。木の実やフルーツはお菓子には入りません。ドライフルーツもオーケーです。

イカなどのおつまみ系

酢昆布、さきいか、あたりめ、煮干し的な小魚などのおつまみは食物繊維やミネラルが豊富なのでオーケー。むき甘栗もオーケーです。

結果

2021年の1年間、僕はこのルールを貫き通しました。買ってはいけないお菓子を最後まで買わないことを貫きました。

よって、妖精さんは今日も元気で暮らしています。呪いも解けました。

そして、僕もお菓子を買わなかった分お金を貯めることができました。そしてそれを引っ越し資金にすることができました。

2022年になって、もう妖精が死ぬという呪いはなくなりましたが、お菓子を買うときは慎重に考えて買う習慣は身についています。

今も、相変わらずスナック菓子やチョコレート菓子などは買わないようにしてます。でも、たまに買ってきてささやかな楽しみを味わったりします。お菓子との健全なつきあい方ができていると思います。

あなたも「お菓子を買うと死ぬ妖精」にチャレンジしてみませんか? お金を節約できるし、ダイエットにもいいはず。

もしやりたくなったら、あなたの心の中の妖精の森を覗いてみて下さい。

たくさんの妖精達が元気に暮らしています。でも、あなたがお菓子を買うと死ぬ呪いを浴びてしまいました。

今年の間、お菓子を1回買う度に、その妖精のうち誰かが1人死にます。

でも大丈夫。お菓子を買わなければ守ってあげられます。

たまに森に様子を見に行ってみましょう。こちらまで幸せになりそうな笑顔であなたを迎えてくれます。お話をして仲良くなってもオーケー。その笑顔を守ると、心に誓いましょう。

そこまでイメージできれば、お菓子を買わないなんて簡単なことです。

妖精を助けることができて、あなたも健康的で経済的な習慣を身につけられるWin-Winですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。