【初心者向け】Notionのちょっとしたテクニック

ちょっと前にNotionを使い始め、すごく気に入っているという話をしました。

最高のノートアプリ「Notion」を紹介したいです

使い始めてまだ3ヶ月も経っていませんが、だいぶ使い慣れました。「こうやると便利じゃね?」みたいなのも増えてきました。

そこで、Notionを最近使い始めた人のために、「Notionを使い始めたなら、これを覚えておくと便利だよ」というのを、いくつかご紹介しておこうと思います。

リンクを別のタブで開く

ブラウザでNotion使用中、Notion内のリンクを新しいタブで開こうと、右クリックしても、ブラウザのメニューが出てこないのでできません。

Ctrlキーを押しながらクリックすると新しいタブで開けます。

これはNotionの機能の解説ではなく、ブラウザの使い方の解説ですが、それまで、新しいタブを開く操作を右クリックでやっていたので、一瞬戸惑いました。

ちなみに僕は、Notionはもっぱらブラウザで使っています。Windowsアプリもダウンロードしてありますが、こちらは、万一オフラインになった時用の予備みたいなという感覚です。

よく使うMarkdown記号を単語登録

Notionはマークダウン記法に対応しているので、ちょっとした記号を打ち込むだけで、文字の形式を変更できたりします。

たとえば、見出し、「Heading2」に変えたい文字を「Turn into」や「/」を打ち込んでメニューを開いて「Heading2」を選んで見出しに変えるより、「## 見出しにしたい文字」などと打ってHeading2(見出し2)にする方が早いです。

しかし、Markdownの記号は半角で打つ必要があるため、全角の日本語入力から、半角モードにいちいち切り替えなければなりません。面倒です。

そこで、日本語入力ソフト(IME)で基本的なMarkdown記号を登録しておくと、全角の日本語入力のままMarkdownの記号を素早く打ち込むことが可能になります。

Notionに限らず、Markdownが使えるツールなら共通して使えるので、主なものは単語登録しておくと便利です。

Markdown愛好者はすでにやっているかもしれませんが、一応紹介しておきます。

単語登録(辞書登録)とは

単語登録は本来、人名などの漢字を正確に変換するために登録するものですが、「単語」と「読み」をセットにすれば、何でも登録可能。どんな短い「読み」からでも、打ちたい文字列を自在に導き出せます。自分専用の予測変換みたいなものです。

アルファベット1文字のような簡単なものを「読み」として、登録してしまえば、アルファベット一文字を入れて変換するだけで、入力が複雑な記号も一発で入力できてしまいます。

例えば、「sample@nakaiyuhi.com」というメールアドレスを単語、「@」を読みとして登録すれば、「@」で変換するとメールアドレスが一発で出るので、毎回メールアドレスをキーボードで打たなくてもよくなります。

IMEのメニューから単語登録を選ぶか、入力オンの状態でCtrl+F7を押すと単語登録画面が開くと思います。僕の場合ATOKを愛用しているので、ATOKの例を紹介しますが、多くのIMEで共通(のはず)です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-3.png

登録をお勧めするのは「見出し」「リスト」「チェックボックス」の3つです。

見出し

Notionには見出し1~3(Heading1~3)まであります。

文字の頭に下の表の「」内の記号を打ち込むと、その文字が見出しに変わります。

「# 」見出し1(Heading1)
「## 」見出し2(Heading1)
「### 」見出し3(Heading1)

僕の場合、「読み」をそれぞれ、「h1」「h2」「h3」で登録しています。

Markdownのルールだと、「#」記号のあと、半角スペースを入れると成立するので、半角スペースも含めて登録します。

リスト

箇条書きで使うリスト表示。これも、登録しておくと、素早く入力できます。

「* 」リスト

僕の場合「list」なので「l」(Lの小文字)で登録しています。「l」を打って変換を押すと「* 」が表示されenterキーで決定すればリスト表示に変わります。

こちらも半角スペースをセットで登録します。

チェックボックス

「[]」チェックボックス

わかりやすく間にスペースを入れると「[ ]」です。四角いカッコと、その閉じカッコです。

これは後ろに半角スペースを入れなくても大丈夫です。

僕の場合、「チェックボックス」なのでBOXの頭文字「b」で登録しています。「b」と打って変換するだけで「[]」が表示されるようにしています。チェックの「c」でもいいし、自分で覚えられる読みを登録するとよいでしょう。

チェックボックスは一般的なMarkdownにはないので、Notionのオリジナルかもしれませんが、Notionではリストと並んでよく使うので、これも登録しておくと便利です。

ちなみに太字とか打ち消し線とかは、Markdownを使うより、範囲を選択して、Ctrl+bとかCtrl+shift+sでできるので、それでやった方が早いと思います。

登録したら動作を確認してみましょう

早速、Notionの適当なページを使って動きを実験してみましょう。こんな風になります。

メニューを呼び出さず、キーボードだけで見出しやリストが作れています。

圧倒的な高速化、時短が実現できます。まだの方はぜひやってみてください。

メモするときは、その場で書いて、メモページに送るクセを付ける

Notionにメモを集めるページを作って、メモアプリのようなページを作っている方も多いと思います。

何かメモしたいことを思いついたら、メモページを開いてメモするのではなく、今使っているそのページのまま、次の行にでもメモしましょう。

そして、その行をサイドバーのメモページにドラッグ&ドロップで放り込む。

ページを移動しなくて済むので、時間短縮になります。サイドバーの「+」から追加するより速いです。

これは、本当にNotionならでは。ブログ記事の下書き中、関係ないことが思い浮かんでメモしたい時、その関係ないことを次の行に書くなんて、今までのノートアプリや文書作成ソフトでは考えられないことなので、なかなか頭や体が慣れないと思います。

でも、これをクセづけると、Notionの恩恵を強く感じられて、他のツールには戻れないほど快感になります。Notionを使うからには、ぜひ身につけたいテクニックです。

小説を書くときはフォントを変えて雰囲気を出す

Notionは小説を書くにも適したツールです。

普段はこんな感じのフォント(字体)でNotionを使っていることでしょう。

でも、小説を書くときは、右上のメニューから「Serif」フォントを選ぶと明朝っぽい字体に変わるので、とても雰囲気が出ます。

本当にちょっとしたことですけど、これだけで気分が変わって、執筆に没頭できそうな気がしてきます。

小説に限らず、Notionで人に見せるような文章を執筆する方は、その際、こちらのフォントに切り替えることをおすすめします。「いま自分は原稿を書いている!」と気合いが入ります。

僕は、このフォントへ切り替えた形を「原稿モード」と呼んでいます。

小説を書く身としては、アウトライナーとして使えるNotionは本当に使いやすくてありがたいです。あとは、文字数カウント機能があればいいのにと、いつも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です