ピースサインが嫌いなので「蟹を讃える会」を作る

画像検索で「集合写真」などとキーワードを入れて検索してみると、大量に出てきます。ピースサインが。写真に写っている全員がピースサインを出してるものもあります。

なんなのでしょう? これは一体……。なぜみんな揃ってこのポーズをしているのか……。

それを見る僕の率直な感想は「気持ち悪い!」です。

今回はそんなお話です。

なぜ僕はピースサインが嫌いなのか

勘違いしないでいただきたいのですが、ピースサインの持つ意味が嫌いとか、形が嫌いとか、そういうことではないのです。

みんなが同じことをしているという状態、しかも、誰も疑問を持たず、当たり前のようにやっている感じが嫌なのです。

「みんなが同じことをしている」という状況を見ると、僕は無性に気持ち悪くなり、「僕だけは絶対にやりたくない」という気持ちになります。

これは、もう性分としか言い様がありません。逆に、なんでみんな平気なの? と思うばかりです。

子供の頃は指を1本だけ立てていた

その感覚は子供の頃からずっと持っていました。

「なんでみんなピースをするんだろう? バカみたいに……」と感じていました。

僕の子供の頃の写真には、なぜか指を1本だけ立てて写っているものがたくさんあります。

「俺は1本で十分だ! おまえらとは違うんだよ!」とでも思っていたのでしょう。

それくらい、筋金入りのピース嫌いだったのです。

解決策「蟹を讃える会」

僕は、この「ピースサインの群れ」への嫌悪感をどうにか消せないものか、考えました。

そして、その嫌悪感を一発で取り除く方法を編み出しました。

「僕は宗教団体『蟹を讃える会(通称:クラブクラブ)』の会長であり、指を2本立てるポーズはその会員であることを周囲に伝えるものである」と考えることにしたのです。

そのつもりで、先ほどの「集合写真」の画像を見ると……

「僕の作った会に、こんなにも多くの賛同者が!!」

しかも、みんな楽しそうです。ちょっと、感動してしまいます。

嫌いだったはずのものが、意味づけを変えるだけで、むしろ感動の光景に変わる。我ながら素晴らしい発想の転換です。

「蟹を讃える会」の皆さん(イメージ)

「蟹を讃える会(クラブクラブ)」の教義および入会方法

「蟹を讃える会」では「蟹は人類に幸福を運んでくる神の使者である」と考えています。

蟹が神聖な生き物であることを我々人類は、無意識で感じています。その証拠に『さるかに合戦』という話があります。神聖なる蟹をいじめるものは、結構残酷な方法で殺されるのです。「猿」は蟹を愛することのできない「人」になり損ねたものの象徴なのです。

2本の指を立てることで「私は蟹を愛している」「蟹が神の使者であることを知っている」という合図になります。これらを示すことで、神からより多くの恩恵が得られるのです。

また、そのサインを両手で行うことで「私は蟹になりたい」という意思を示すことができます。その意思は神に伝わり、来世、蟹として生まれ変わることができるでしょう。

無事、蟹に生まれ変わることができた人(イメージ)

さあ蟹を讃えましょう。蟹を愛しましょう。

「蟹を讃える会」の同胞は世界中にいます。数億とも数十億とも言われています。あなたもぜひ、この会に参加してください。

手続きなどは必要ありません。ただ、蟹への憧れを2本の指で表現すれば、それが会員である証なのです。

僕の作ったこの教義に賛同してくださる方は、写真などを撮影する際、指2本で蟹を表現し、ぜひ会の普及に協力してください。会長である僕からのお願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です