noteで『三刀流修行~中井佑陽インタビュー~』『側溝のおいしい水』を連載中

noteで「三刀流修行~中井佑陽インタビュー~」の連載を開始しました

2021年から2023年の3年間にわたり行ってきた「三刀流修行」。

実は、その間裏で「インタビュー」という企画を行っていました。

脳内インタビュアーの茂木(もてぎ)さんという架空のおっさんを作り、その人からのインタビューを受けるという体で、その日言いたいことを毎日語っています。

その内容をnoteで公開していくことにしました。

三刀流修行インタビュー

修行の日々を記録しよう

「三刀流修行」をスタートしたのが2021年の1月1日でした。

スタート時、三刀流修行でどんな修行をしたのか、どんなことを学んだのか、それを記録しておきたいと考えました。

もともと「三刀流修行日記」にしようと考えたのですが、日記だと続かない恐れがあったので、インタビューにしました。

インタビューだったら、何か訊かれるので答えようとするものです。人は。言いたいことがなければ、何か質問を作って答えればその日の分は埋まります。

そうやって、必ずや3年間続けようと決心したのです。

基本的にはその時言いたいことを言うだけなので、実質日記のようなものになっています。

3年前の話が3年続きます

結論を言えば、3年間続けました。

ということで、このインタビュー企画の原稿はすでに3年分出来上がっており、それをこれから3年かけて1日1本noteに上げていくことになります。

2021年の1月1日の分を2024年の1月1日に、2021年の1月2日の分を2024年の1月2日に、といった具合に3年前に書いた同じ日付のものを公開していく形式になります。

したがって、公開される記事は常に「3年前の今日」ということになります。

読む際は、常に3年前の話であることを頭に入れてお読みください。

週に1回インタビューはお休み、だけどその日は3年後の自分からコメントを入れます

毎日インタビューを行っていましたが、週に1回、木曜日の分だけお休みになります。

例えば2021年1月7日や1月14日は木曜日なので、その日のインタビューはありません。

その代わり、2024年の1月7日には、3年前を振り返って今の僕がコメントしてそれを投稿する日にします。

つまり、これから3年間、3年前を振り返った投稿を週に1回挟むことで、毎日投稿することになります。

長丁場になります。大変だと思いますが、頑張ります。

↓以下のリンクより、初日から読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です