eBASEBALLチップスのアプリを作りました

「アプリメーカー」というウェブサービスを使って、eBASEBALLチップスのアプリを作ってみました。

何それ?

eBASEBALLとは?

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」は、NPBとコナミが共催するeスポーツです。『実況パワフルプロ野球』のプロ達がしのぎを削っています。

2020年の1月現在、2019シーズンが行われており、シーズンも終盤。優勝争いのまっただ中です。試合はYouTube等の動画サイトで中継・配信されています。詳しくは下記の公式サイトで確認して下さい。

今シーズン、僕はこのeBASEBALLをドラフトからずっと追いかけており、ここまで全試合観ています。すっかりファンです。

eBASEBALLプロリーグは、12球団代表のパワプロのプロプレイヤー達が自分の所属する球団を使って戦うというもので、プレイヤーの腕とパワプロ内の選手データの強さが絡み合う独特の面白さがあります。そこに、プレイヤーの個性(性格やプレースタイル)や人間ドラマも加わることで一層面白みが増しています。

僕自身のパワプロ経験は2000年台初頭のペタジーニがヤクルトにいた頃のバージョンで止まっていますが、実際の野球選手がゲーム内に登場するので、野球ファンなら、パワプロ経験がなくても見ていて面白いと思います。

eBASEBALLカードを作ろう

そんなパワプロのプロプレイヤー達のカードがくっついてるポテトチップス「eBASEBALLチップス」があったらいいなあと思いました。

もちろん、実際にはありません。

ないなら作ろう!

ということで、架空のeBASEBALLチップスをネット上に作ってみることにしました。

最初はeBASEBALLガチャということにして「ガチャメーカー」というウェブサービスを使おうかと思ったのですが、サーバーのエラーが多かったのと、レアカードとかを設定するのが失礼な気がしたので、「アプリメーカー」を使うことにしました。

「アプリメーカー」で「ランダムな結果を表示するアプリ」というのが作れるので、48人の選手いずれかの名前がランダムに表示されるようにしました。

登場する選手は以下の通り。公式サイトのデータを元に入力しました。

eBASEBALLカード一覧

河合 祐哉(AO) 横浜DeNAベイスターズ
大茂 英寿(ヒデナガトモ) 横浜DeNAベイスターズ
髙羽 和宏(じゃむ~) 横浜DeNAベイスターズ
渡邉 輝哉(tell) 横浜DeNAベイスターズ
大寺 量亮(ゴジラ) 広島東洋カープ
倉前 俊英(カイ) 広島東洋カープ
伊勢家 雄次(泉川れい) 広島東洋カープ
徳田 直也(小早川) 広島東洋カープ
舘野 弘樹(てぃーの) 読売ジャイアンツ
吉田 友樹(たいじ) 読売ジャイアンツ
高川 健(ころころ) 読売ジャイアンツ
坂東 秀憲(どぅーけん) 読売ジャイアンツ
菅原 翔太(ぶんた) 中日ドラゴンズ
岡久 将吾(デジうち) 中日ドラゴンズ
新井 宇輝(みかん) 中日ドラゴンズ
脇 直希(みぞれん) 中日ドラゴンズ
森 翔真(ショーラ) 阪神タイガース
辻 恭平(ベルガモット) 阪神タイガース
宇佐川 史彬(OKARINA) 阪神タイガース
岸川 虎太朗(コタ) 阪神タイガース
大川 泰広(BOW川) 東京ヤクルトスワローズ
藤本 洋介(めし原) 東京ヤクルトスワローズ
加藤 誉士典(TAKU) 東京ヤクルトスワローズ
高良 匡史(えぞひぐま) 東京ヤクルトスワローズ
緒方 寛海(なたでここ) 埼玉西武ライオンズ
神谷 将徳(ミリオン) 埼玉西武ライオンズ
前田 恭兵(マエピー) 埼玉西武ライオンズ
大上 拓海(どいや) 埼玉西武ライオンズ
加賀谷 颯太(ケーバック) 福岡ソフトバンクホークス
三好 航太郎(さんらいく) 福岡ソフトバンクホークス
平山 大輝(ひらD) 福岡ソフトバンクホークス
大石 直弥(ナオピー) 福岡ソフトバンクホークス
木滑 達也(ビッシュ) 北海道日本ハムファイターズ
鴇田 貴大(TOKING) 北海道日本ハムファイターズ
及川 裕也(JOY) 北海道日本ハムファイターズ
相澤 一久也(くや) 北海道日本ハムファイターズ
指宿 聖也(みっすん) オリックス・バファローズ
木村 智亮(いちろー) オリックス・バファローズ
松井 徳成(とくとく) オリックス・バファローズ
高川 悠(スーム) オリックス・バファローズ
岡田 郁斗(okd) 東北楽天ゴールデンイーグルス
井上 将旭(MASA) 東北楽天ゴールデンイーグルス
三輪 貴史(ねお) 東北楽天ゴールデンイーグルス
高田 和博(TKD) 東北楽天ゴールデンイーグルス
清野 敏稀(イッキー) 千葉ロッテマリーンズ
下山 祐躍(スンスケ) 千葉ロッテマリーンズ
町田 和隆(あんちもん) 千葉ロッテマリーンズ
柳 虎士郎(ゆさ) 千葉ロッテマリーンズ

まあ、つまり、この中の誰かの名前がランダムで表示されるというだけの、すごくシンプルなものです。

画像も入れてませんし、選手の紹介文や成績データなども入れてません。

誰が出たらアタリということも基本ないです。個人的に思い入れのある選手が出たら嬉しいかなくらいのものです。

もう一回リンク貼っておきます。

ちなみにアプリメーカーの仕様で「ランダムな結果を表示するアプリ」では、名前を入力するという項目が消せないので、何か適当な文字を打ち込んでから結果を見るボタンを押す必要があります。入力する名前は結果に影響しないので適当で大丈夫です。

なんで作ったの?

自分で遊ぶために作りました。詳しくは、このあと説明します。

もっとも、自分だけで楽しむためなら、何も「アプリメーカー」で作る必要はないのですが、僕以外にもeBASEBALLファンは大勢いると思うので、楽しんでくれたらいいかなと思い、公開しました。

どうぞ自由に使って下さい。

eBASEBALLチップスアプリ、僕の使い方(コンプリートを目指す!)

さて、このアプリを作った理由は、今年一年、楽しく努力を続けられるようにするためです。

僕が何をしようとしているのか、ルールを紹介します。

ルール

トレーニングをすると「がんばっ種」がもらえる。

「がんばっ種」はひまわりの種みたいな種です(空想上の存在ですけど)。トレーニングをするとこれをもらうことができます。

例えば、筋トレを一種目やると1個、ランニングに1回行くと1個などと決まっています。

他にも、ブログを更新すると1個など、自分の頑張りたいことをやるごとに種がもらえます。

「がんばっ種」10個で、eBASEBALLカードが1枚もらえる

「がんばっ種」が10個たまるごとに、eBASEBALLチップスアプリを使ってeBASEBALLカードが1枚もらえます。

eBASEBALLカード48種コンプリートを目指せ

そうして、がんばっ種を集めてはカードと交換を繰り返し、48種類コンプリートを目指します。

期間は来シーズンの開幕が宣言されるまで

2019年シーズンのカードなので、次のシーズンが始まってしまうと、ちょっと価値が落ちる感じがします。

だから、2020年のシーズン開幕までの期間に48種類コンプリートできなければ、このチャレンジは失敗となります。

全部揃ったらその時点で素敵なプレゼント

48種類、全部揃ったらチャレンジ達成。自分にプレゼントを買います。

eBASEBALLとちょっと関係のある物にしようと思います。候補はプレステ4本体かデスクチェアです。eBASEBALL内でゲーミングチェアが紹介されているので椅子つながりってことで……。

見通し

48種集めることができるのか? 

けっこう厳しいと思います。

なにしろ、48種からランダムで出るので、絶対重複します。ダブります。

最初のうちは順調に集まると思うのです。だけど、引くごとにハズレが増えてアタリが減るわけです。

例えば、最後の一人まで来たとき、その一人が出る確率は48分の1。48分の1はなかなか当たりません。運が悪ければ何回引いても出ないかもしれません。

きちんと予定をこなせば、種を週に30~40個集められます。週3~4回引けるので、月15回として、期間が約10ヶ月だから、順調なら、150回くらい引くチャンスがあると想定してますが、それで果たして48種類集まるのか? 運次第です。

一回でもチャンスを増やすためにサボらずトレーニング等を頑張れるかどうかが勝負です。

まあ、これは個人的な遊びなので、途中経過などは、日記ブログ「ナカイユウヒの世界展」の方で報告していきます。

果たして、最後まで出ないのはどの選手なのか? 一番被るのはどの選手なのか? そのあたりを楽しみながらやっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です