音声入力アプリ『エディボイス』と日記アプリDiaroは相性がいい

音声入力アプリ『エディボイス』

スマートフォンで音声入力をする時にとても便利なアプリがエディボイスです。

Edivoice - 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応

Edivoice – 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応

ヒロッピーズソフト無料posted withアプリーチ

「、」「。」をその都度入力できる設計になっているから、キーボードが近くになくても、このアプリだけで結構本格的な文書作成が可能なんです。パソコン開かなくても、スマホだけで寝っ転がりながらでも文章が書けるんです。

僕が思うこのアプリの最大の魅力は起動が速いことです。立ち上げて即座に音声入力ができてしまいます。他の音声入力でありがちな「ちょっとまってね……はいどうぞ!」みたいな無駄な時間がありません。マジ速いです。

でも、このアプリは、入力したデータをアプリ内に保存するっていうことができないので、必ず完成した文章はどこかに送らないといけないんです。

使い道が決まっているものだったら、そこに送ればいいんですけど、なんとなく入力したものを、とりあえずどっかに保管しておきたいなって思うことがあると思うんです。

その送り先として、結構オススメなのがDiaroという日記アプリです。

(僕は普段Notionというノートアプリを使っているんですが、エディボイスで作った文章が送れなかったのでとりあえずDiaroに送ってみたら、思いのほかしっくりきたという経緯ですが……)

Diaroを話題のストッカーにする

Diaroは、以前に紹介したことがあります。とても使いやすい日記アプリです。

日記や記録メモアプリは、Diaroがおすすめ!

エディボイスで書いたものをとりあえず、Diaroに送ると、全部自動的に日付が付けられて、時系列で整理されて並びます。

見たテレビや映画の感想、読んだ本やマンガの感想、ニュースの感想、起きた出来事、考えていたこと、なんとなく思ったこと、買ったもの……。Twitterに書いたら叩かれそうなことも遠慮なく、友達かアロエリーナにでも話すような気持ちで、『エディボイス』に向かってガンガン喋って、それをDiaroに送り込む。そして、Diaroを話題のストッカーにしてしまえばいいと思います。

一旦入れておいて、後からタグやフォルダーで分けて管理することもできます。Diaroから別のアプリに、コピペや共有で転送することもできます。

日付が勝手に入るから、そのまま日記になるし、テキストやPDFやCSVでまとめてエクスポートもできるので(PDFは有料版のみ?)、一ヶ月ごととか、EvernoteやNotionやGoogleドキュメントに保存しておくみたいなのもおすすめ。

友達との話題に困るようなことがあった時、スマホでDiaroを見直せば適切な話題が見つかるかもしれません。

Diaroは無料で使うことができます。有料にするとパソコンとの同期もできるんですけど、パソコンで見たいときは他のアプリにデータを送ればいいので、無料版で十分使えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です